AGA治療と育毛剤を使うときの違いはどこにある?

ikumouotoko

AGA治療をするケースと育毛剤を買って使用するケースの違いとは何でしょうか?

薄毛をどうにかしたいと思っている人の中には、AGA治療を受ける場合と育毛剤を使う場合のどっちが良いのか?で悩んでいる人もいると思います。

この2つの方法の違いを明確にしておくと、より望ましい方法を選べるということになるでしょう。

では、実際にAGA治療と育毛剤を使用したときの違いについて知っておいてほしいと思いますが、特に大きいのは効果の出現率でしょう。

基本的にはAGA治療の方が効果の期待度は大きいと言えます。

育毛剤を自分で買って使うケースでは、自分で選ぶわけですから、要は素人が選んだものを自己流で使うということになります。

ちゃんと知識を蓄えたうえで選んで使うという人もいるかもしれませんが、専門家ではないので限界があります。

つまり、今の自分の薄毛の状況を踏まえたうえで、適切なものを選べる保証がなく、適切に使えるか?どうかも分からないということになります。

これが育毛剤を使ったときの実際の状況になると思うのです。

しかし、AGA治療の場合には専門家が薄毛の状態をちゃんとチェックして、そのうえで効果的な治療法を考えてくれます。

素人ではなくて専門家なので、状態のチェックから適切に行われ、そのうえで適切な薬剤などを使用することになるのです。

つまり、ここに大きな違いが生まれているので、普通に考えたらAGA治療の方が効果が出やすいということになります。

ただ、AGA治療の場合には治療を開始するまでちょっと時間がかかることがあるので、そこが注意点になると思います。

AGA治療の場合には事前にチェックをきちんと行って、かつ治療方針を丁寧に分析しながら決めますから、治療が開始されるまで思ったよりも時間がかかることがあるのです。

でも、育毛剤を使う場合には今日買って、今日から始めるということが可能なため、すぐにでも治療を始められるという点はメリットです。

だから、AGA治療にもデメリットはちゃんとあるということが言えますし、そこは事前に頭に入れておきましょう。

AGA治療と育毛剤の治療にはこういった違いがあるわけですが、薄毛を治したいと思っている人にとっては、メリット部分を優先した方が良いと言えるでしょう。

したがって、AGA治療を選んだ方が薄毛治療についてはより効果があるという可能性が高いので、薄毛治療をしようと思ったときには、AGA治療の方を中心に考えておいた方が良いのではないか?と思われます。

AGA治療は専門のクリニックで治療を受けることが大切です。お住まいの地域のAGAクリニックを探してみましょう。参考例:AGA治療クリニックの大阪ランキング決定版

ジェネリック医薬品の活用

usugenayami

20代の若さで薄毛に陥ったため、当時は本当にふさぎ込んでいました。
20代といえば、とりわけ恋愛面において積極的になれる年齢ですが薄毛になるとどうしてもポジティブな気持ちが湧いてきません。
むしろネガティブな気持ちばかりが心を支配し、何をやってもうまくいかなくなります。

こういった状態を放置してしまえばいつまで経っても人生は好転しません。
というわけで、あれこれと薄毛対策に乗り出すことになったのですが。

素人が闇雲に薄毛対策を講じてもなかなかうまくいかないんですよね。例えば育毛剤。
これは薄毛に陥る人が真っ先に飛びつく、非常にありがたい商品でありますが。
実際の効果といえばこちらが期待しているような、つまり髪の毛が生えてくるような効果はなかなか表れてくれません。
抜け毛が少なくなったり、髪質が向上したりと、それなりに効果は得られますが、
肝心の育毛効果はそれほどでもないんですよね(育毛剤とは名ばかりの商品が多いように見受けられます)。

とまあ、このように個人で実践する育毛対策にはどうしても限界があるのであり、効果が得られる人というのは結局のところ初期症状、
つまり薄毛がそこまで進行していない人に限られるように思えてなりません。

そんななか、専門医によるAGA治療は大変効果的です(AGA治療とは、かいつまんで説明すると内服薬による治療のことです)。
私はプロペシアという治療薬を処方してもらい、これを継続的に摂取したところ、
半年ほどで劇的な回復を見せることとなりました。

あんなに露出していた頭皮が随分と治まり、今ではごくごく健康的な頭皮・毛髪を手に入れることができました。
さて、このように大変効果的なAGA治療薬ですが、実は一般的な薬同様にジェネリック医薬品というものが存在します。
これによって、かなりお得にAGA治療を実践できるようになりました。
ただし、こういったジェネリック医薬品を購入する場合、個人輸入という特殊な方法を用いらなければならず、
その手の知識に長けていなければなかなか実践できるものではありません。そこで活用したいのが代行業者です。

個人輸入をサポートしてくれる業者が存在しており、彼らを経由することでスムーズにジェネリック医薬品を手に入れることができるのです。
とまあ、様々な選択肢が考えられますが、個人的には代行業者を通じてジェネリック医薬品を手に入れることが、
最も効果的かつ効率的な薄毛対策だと考えております。

薄毛治療薬のプロペシアの購入と効果や副作用

日に日に毛が抜けて薄くなるという症状に付いてはやはり何らかの原因が考えられます。

nukege

そこで薄毛治療薬として利用されることの多いプロペシアとは世界的なAGA治療薬ということもあり
厚生労働省にも認可されてる医薬品ということを踏まえておくと、
それだけでもきっと効果が期待できると前向きな姿勢で薄毛治療に取り組むこともできるはずです。

プロペシアはアメリカメルク社による画期的な薄毛治療薬でありその成分に含まれてるフィナステリドは数十か所の国が利用してるわけですが、
日本でも厚生労働省認可の元、治療薬として医療にも取り入れられています。

また臨床試験を行うことによる確かな研究もされてることから市販されてる数多くの育毛剤と比較しても信頼性は高く、
また薄毛の原因である男性ホルモンにダイレクトに働きかけてくれますのでその効果は十分期待が持てます。

この薄毛治療薬プロペシアは処方箋医薬品ということもあり身近なお店で購入という訳にはいきません。

ですから購入される場合にはやはりネットを通して個人輸入という流れが必要ということにもなりますから、
その際に騙されてしまうということも踏まえてトラブルにならないよう安全なプロペシアの購入をしましょう。

ではプロペシアのいくつかの内容を紹介しますが、まずプロペシアは男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制し気になる抜け毛を防ぎます。

用法容量としては1日1錠を朝食後に服用すると効果的なのですが、もしその量で効果が見られない場合には徐々に量を最大1mgまで増やします。

ちなみに服用して抜け毛が増えた場合には毛周期がリセットされてる証拠で
1,2ヶ月程度で初期脱毛も減り毛周期が健全に正常化してそこから育毛効果が期待できます。

またプロペシアの副作用としてよく挙げられるのが性の減退があり実際に男性ホルモンに影響を与えるわけですのでそうした副作用はあります。

仮にもし育毛効果が見られるのに性欲が減退してしまっては本末転倒なところもありますが、
この副作用については発症率としてかなり低く、しかも一時的なことということもありあまりご心配されることはないかと考えます。

そしてプロペシアは個人輸入だけではなくもちろん病院などで処方してくれます。

特にAGA治療クリニックでは特化してるわけですので気になる方はまずカウンセリングを行い、
そしてそこから薄毛治療薬のプロペシアをどのように処方していくのか相談するといいでしょう。

AGA治療にかかる費用はどれくらいを想定しておくべきか?

ryoukin

AGA治療を受ける際にはお金がかかりますけど、その金額がどのくらいか?というのはあらかじめ知っておいた方が良いでしょう。

やはりお金に余裕がある人ばかりではないので、どういった人が利用するにしても費用の部分がチェックしておかないといけないと思います。

AGA治療の料金については、1つ重要なポイントがあって保険適用がされませんから、予想以上に費用をかけないといけない可能性があります。

治療費としてはある程度の金額を想定しておくと良いと思いますけど、具体的にいくら?というのは、自分が通う病院やクリニックごとに変わります。

また、同じ病院やクリニックであっても、個別に症状が違いますから、結果的にかかる費用も変わってくるのです。

だから、実際に病院やクリニックに行ってみないといくらかかるのか?という最終結論は出ませんが、だいたいの目安は存在しますから、それを頭に入れておきましょう。

料金として重要なのは1か月あたりの費用になりますが、症状によって違うので、結構幅があると思っておいてほしいです。

安いと1万円弱で、高いと3万円強くらいで、本当にケースバイケースにより、料金の額は変動すると思っておかないといけないのです。

1万円かからなければそんなに負担には感じないかもしれませんが、最大で3万円から4万円近くかかることがありますから、1ヶ月でそれだけの出費はきついと感じる場合もあると思います。

どうしても保険が適用されないとこういった状況になるので、AGA治療の料金に関してはそこが特徴的なので知っておくべきなのです。

AGA治療というのは健康に関するものじゃありませんから、薄毛だからといって健康にいきなり問題が出ることにはならないので、美容目的のような感じになってしまいます。

したがって、AGAの治療にかかってしまう費用が保険適用にならないのはそういった理由があるからということになります。

自分で育毛剤などを買って行う治療法と比べると随分割高と言えると思いますが、それでもより高度で専門的な治療を受けられるので、費用面に見合った結果が出やすいとは言えると思います。

だから、費用は確かに気になるところではありますけど、期待は持てる治療になると思うので、そういったところは知っておかないといけないのです。

効果をより確実に出したいならば、費用がそれなりに必要だとしてもAGAの治療のための病院やクリニックを利用するということを考えておいた方が良いと思います。

人気の記事:AGA治療と育毛剤を使うときの違いはどこにある?

専門のクリニックでAGA治療を受けるメリットは?

agameritto

AGAと呼ばれている男性型脱毛症は薄毛の主な原因になっています。
育毛剤を使用したり一般病院の皮膚科に行って治療を受ける人もいますが、専門のクリニックで治療した方が効果的です。
AGA治療は自由診療に分類されてしまうので保険適用外になり治療費が全額負担になってしまいます。
それで経済的に負担がかかる部分もありますが、それでも専門のクリニックで治療する事をおすすめします。
そこで専門のクリニックでAGA治療を受けるとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・AGA治療専門の医師が担当してくれる

一般病院の皮膚科の医師は肌トラブルなどをメインに治療を行っているので薄毛に関しては専門というわけではありません。
基礎的な知識はあるにしても専門的な部分まで分かっていない事も少なくありません。しかし専門のクリニックはAGA治療専門の医師が在籍しています。
専門的な部分もしっかり理解しているので効果的な治療方法を選定してくれます。質の高いAGA治療を受ける事が出来るので効率良く薄毛を治していく事が出来ます。

・治療メニューの種類が豊富

一般病院の皮膚科でAGA治療を受ける時は効果が期待出来る治療薬を使用する方法がメインになります。
しかし専門のクリニックでは治療薬だけでなく導入しているマシンを使用するなど複合的な治療を受ける事が出来ます。
薄毛の症状に合わせた治療方法を選定して治療を行ってくれます。専門のクリニックは一般病院の皮膚科にはない治療方法の幅の広さが大きな魅力です。

・原因をしっかり解析してから治療をしてくれる

一般病院の皮膚科では頭皮や髪の毛の状態を見てどのような治療薬が適しているのか判断してしまう事が多いです。
実際に治療薬を使用しても薄毛が改善されない事も少なくありません。
しかし専門のクリニックでは最初の血液検査やアレルギー検査を実施してAGAの原因をしっかり解析してくれます。
解析された原因を元に治療方法を選定して治療をしていくので効果が出やすいです。
確実に効果が出るような治療を行っていくのも専門のクリニックの特徴といえるでしょう。

・まとめ

AGA治療を受ける時に専門のクリニックに通うのは最初は誰でも不安になってしまうものです。
しかし専門のクリニックは完全予約制になっているので他の患者と顔を合わせる事がほとんどありません。
またプライバシーの保護もしっかりしているので安心して治療を受ける事が出来ます。
AGAは進行するスピードが早くて放置すると改善する事が出来なくなる可能性もあるので専門のクリニックに通ってAGA治療を受けてみましょう。

市販の育毛剤?それともAGA治療?どちらがベスト?

ikumouzai

薄毛に対処するための育毛剤はドラッグストアなどで購入することができます。
その一方で男性型脱毛症であるAGAを改善するために専門の治療院に通う人もいます。

では市販の育毛剤とAGA治療との間にはどのような違いがあるのでしょうか?

まず市販されてる育毛剤の種類は様々です。

そもそも薄毛の原因は1つではありません。頭皮の血行が滞ったり、髪の毛を作る栄養素が不足することでも薄毛は生じます。
また頭皮に存在する皮脂を除去しすぎても薄毛になることがあります。

こうした状況を改善するためには頭皮の血行を良くしたり栄養を与えるために製造された育毛剤を使用する必要があります。
また頭皮の皮脂量を調整するシャンプーなどもあり、このようなものによって薄毛を改善した人が大勢いるのです。

上記で述べた原因によって生じた薄毛はすぐに改善できることがありますが、そうでないものもあります。それはAGAです。

AGAの原因は男性ホルモンに含まれるテストステロンが5αリダクターゼという酵素の影響を受け、
ジヒドロテストステロンという成分変化することで生じます。

ジヒドロテストステロンは孟母細胞に影響を及ぼし、髪の毛を作る力を失わせるのです。
このジヒドロテストステロンの影響を受けた頭皮の改善は容易ではありません。

しかしAGAに効果を発揮するミノキシジルとフィナステリドという成分が配合された育毛剤は市販されており、
これらはAGAに効果があるために、これまで多くの人によって使用されてきました。しかしAGAの場合、
専門の治療院に通うほうが効果があるとされてます。

まず覚えておくべきことは、AGAは治療が可能であるものの手遅れとなる場合もあるということです。
ジヒドロテストステロンの影響を受けた孟母細胞は髪の毛を作る力を徐々に失っていきます。

そしてAGA治療を行えばこのような細胞を再び元気にし太くて丈夫な髪の毛を生成できる状態にすることが可能です。

しかし孟母細胞が死んでしまい、その状態を放置しておくと治療することはできません。
もしこの状態を見極めることができず、市販されている育毛剤で髪の毛を取り戻そうとするのであれば、無駄なお金を使うことになります。

しかし専門の治療院へ行けば頭皮の状態をチェックし、治療が可能であるかどうかを見極めてくれます。
そのため無駄なお金を使うことはないのです。
ちなみに孟母細胞が髪の毛を作る力を失った場合、毛根の移植によって髪の毛を取り戻すことができます。

AGAの治療には頭皮に直接塗る育毛剤の他にも、服用する薬が使用されます。しかしこの薬は使用量を間違えると体に害を及ぼすことがあります。

薄毛の状態は人それぞれ異なるために、使用量に関しては専門家の意見に耳を傾けるのが一番です。この点でAGA治療院での治療のほうが安心できます。

また万が一頭皮や体に異常が生じた場合、すぐに対処してくれるというメリットも有しています。
しかし当然のことながら、育毛剤を購入するよりも治療院へ通うほうがコストがかかります。

しかしデメリットと言えばこのくらいで、多くの人は安心して治療を受けています。

このように市販されている育毛剤には様々な種類があるのに対し、AGA治療院ではAGAで生じた薄毛のみを治療します。
そのため薄毛が生じた場合はまずその原因をはっきりとさせ、
AGAでない場合は自分の頭皮の状況に合った市販の育毛剤やスカルプシャンプーなどを購入し、試してみることができるでしょう。

そしてAGAで生じた薄毛の場合はミノキシジルとフィナステリドが含まれている育毛剤でしか効果は見られません。
これらの成分をよりふさわしい仕方で使用したいのであれば、AGA治療院へ通うことをお勧めします。

AGAの主な治療方法

agatiryou

AGAを治療する方法は、複数あります。
例えば、外用薬です。最近では薬店などでも、育毛効果が期待できる塗り薬を販売しています。塗り薬といっても色々ありますが、中にはAGAに効果が期待できる製品もあるのです。

その塗り薬は、血管拡張などの効果があります。毛髪に栄養分を補給する為にも、血行は大切です。血管を拡張し、多くの栄養分が補給される状態にする訳です。また毛母細胞などを刺激してくれる製品もあります。

その塗り薬を気になる箇所に付けて、しばらく様子を見てみる方法があります。それだけでなく、メソセラピーという方法もあるのです。

一部のクリニックでは、注射針を使用した施術を行ってくれます。注射の中には、発毛や育毛効果がある成分が入っているのです。それを頭皮に直接注入した上で、AGAの解消を目指す方法になります。

ちなみにメソセラピーという方法は、そこそこ長い目で様子を見る必要があります。だいたい半年程は続けるのが望ましいです。

また植毛手術という方法もあるのです。毛髪は、頭の様々な箇所に生えています。生え際にも髪の毛はありますし、側頭部にもあるのです。

植毛手術の場合は、生えている髪の毛を移植する事になります。AGAという症状の場合は、頭頂部や生え際などの髪の毛が少なくなる傾向があります。しかし頭頂部は少なくても、側頭部には多くの髪の毛が残っている方々も多いです。

その場合は、側面部分にある髪の毛を、頭頂部分に移植する事になります。しばらく様子を見ていれば、髪の毛が頭皮に定着してくれる訳です。

ちなみに植毛手術は、人工毛と自毛という2つの種類があります。前者の人工の毛は、抜け落ちてしまう確率が高いので、基本的には後者の自毛による手術が行われます。

このように様々な手段はありますが、多くのAGAのクリニックでは、内服薬で治療を行っているのです。毛髪が少なくなった時には、有効成分などを補給してあげるのは有効です。それも飲み薬という形で、補給してみる方法があります。

基本的には、フィナステリドなどの成分が含まれている内服薬を飲むのが、一般的です。他の治療方法と違って、費用も比較的低めになる傾向はあります。

飲むだけで構わないという手軽さもあり、多くの方々は内服薬で治療を試みています。ただし内服薬によっては、副作用も懸念されるのです。しかしクリニックならば、安全性が高い薬を処方してくれる傾向があります。

ですからAGAで悩んでいる方々は、クリニックに相談している事が多いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ