市販の育毛剤?それともAGA治療?どちらがベスト?

ikumouzai

薄毛に対処するための育毛剤はドラッグストアなどで購入することができます。
その一方で男性型脱毛症であるAGAを改善するために専門の治療院に通う人もいます。

では市販の育毛剤とAGA治療との間にはどのような違いがあるのでしょうか?

まず市販されてる育毛剤の種類は様々です。

そもそも薄毛の原因は1つではありません。頭皮の血行が滞ったり、髪の毛を作る栄養素が不足することでも薄毛は生じます。
また頭皮に存在する皮脂を除去しすぎても薄毛になることがあります。

こうした状況を改善するためには頭皮の血行を良くしたり栄養を与えるために製造された育毛剤を使用する必要があります。
また頭皮の皮脂量を調整するシャンプーなどもあり、このようなものによって薄毛を改善した人が大勢いるのです。

上記で述べた原因によって生じた薄毛はすぐに改善できることがありますが、そうでないものもあります。それはAGAです。

AGAの原因は男性ホルモンに含まれるテストステロンが5αリダクターゼという酵素の影響を受け、
ジヒドロテストステロンという成分変化することで生じます。

ジヒドロテストステロンは孟母細胞に影響を及ぼし、髪の毛を作る力を失わせるのです。
このジヒドロテストステロンの影響を受けた頭皮の改善は容易ではありません。

しかしAGAに効果を発揮するミノキシジルとフィナステリドという成分が配合された育毛剤は市販されており、
これらはAGAに効果があるために、これまで多くの人によって使用されてきました。しかしAGAの場合、
専門の治療院に通うほうが効果があるとされてます。

まず覚えておくべきことは、AGAは治療が可能であるものの手遅れとなる場合もあるということです。
ジヒドロテストステロンの影響を受けた孟母細胞は髪の毛を作る力を徐々に失っていきます。

そしてAGA治療を行えばこのような細胞を再び元気にし太くて丈夫な髪の毛を生成できる状態にすることが可能です。

しかし孟母細胞が死んでしまい、その状態を放置しておくと治療することはできません。
もしこの状態を見極めることができず、市販されている育毛剤で髪の毛を取り戻そうとするのであれば、無駄なお金を使うことになります。

しかし専門の治療院へ行けば頭皮の状態をチェックし、治療が可能であるかどうかを見極めてくれます。
そのため無駄なお金を使うことはないのです。
ちなみに孟母細胞が髪の毛を作る力を失った場合、毛根の移植によって髪の毛を取り戻すことができます。

AGAの治療には頭皮に直接塗る育毛剤の他にも、服用する薬が使用されます。しかしこの薬は使用量を間違えると体に害を及ぼすことがあります。

薄毛の状態は人それぞれ異なるために、使用量に関しては専門家の意見に耳を傾けるのが一番です。この点でAGA治療院での治療のほうが安心できます。

また万が一頭皮や体に異常が生じた場合、すぐに対処してくれるというメリットも有しています。
しかし当然のことながら、育毛剤を購入するよりも治療院へ通うほうがコストがかかります。

しかしデメリットと言えばこのくらいで、多くの人は安心して治療を受けています。

このように市販されている育毛剤には様々な種類があるのに対し、AGA治療院ではAGAで生じた薄毛のみを治療します。
そのため薄毛が生じた場合はまずその原因をはっきりとさせ、
AGAでない場合は自分の頭皮の状況に合った市販の育毛剤やスカルプシャンプーなどを購入し、試してみることができるでしょう。

そしてAGAで生じた薄毛の場合はミノキシジルとフィナステリドが含まれている育毛剤でしか効果は見られません。
これらの成分をよりふさわしい仕方で使用したいのであれば、AGA治療院へ通うことをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ